医療法人社団 片山歯科クリニック

片山歯科クリニック 口腔外科専門医によるインプラント等の治療を行う静岡市中心街の歯科医院

HOME»  CO2レーザー

CO2レーザー

レーザーってなに?

太陽光とレーザー光の屈折

 

太陽光

 

レーザー光

 

太陽光線は、波長によっていろいろな光に分かれるけど、レーザー光は単色。

レーザーとは太陽光など通常の高原と異なり波形が一定で、単色性、直進性、収束性、干渉性、(障害物があるとすぐ干渉を起こす特性)に極めて優れ、非常に高いエネルギーを持った人工の光です。レーザーは現在さまざまな分野で実用化されており、歯科の分野でも応用範囲が広がっています。

 

レーザーの効果とは?

レーザーの効果は、その強度によって高反応レベルレーザー治療(HLLT)と低反応レベルレーザー治療(LLLT)があり、前者では組織の蒸散蛋白凝固、後者では鎮痛効果、創傷治癒効果、加温効果が期待できます。
(1988年7月国際レーザー治療学会承認)

当院ではヨシダ社製ナノレーザーを用いて、手術時における創切開や凝固、また粘膜疾患に対し蒸散等による処置を施しています。

また、歯周病、口内炎、知覚過敏、メラニン色素沈着(歯肉の黒色変化)、虫歯治療、顎関節症、口腔顔面痛、神経麻痺などにも効果があります。

 

レーザー治療のメリット

レーザー治療のメリット

 

*麻酔なしでの治療が増える
*止血作用があり出血が少ない
*術後の疼痛が少ない
*治療時間、期間を短縮できる
*副作用が少ない
*子供、女性、高齢者の方々でも安心して治療が受けられる。

 

たとえばこんな時!!

歯周病による歯肉の膨張


術前

 

歯周病による歯肉の膨張


2週間後

 

歯周病による歯肉の膨張

このような症例でも術中、術後の痛みはなく、麻酔なしで処置しました。歯周病による歯肉の発赤腫脹、膿が出てくるなどの症状には、レーザー治療は最適です。

 

 

色素沈着のある歯肉の蒸散


術前

 

色素沈着のある歯肉の蒸散


1回目

 

色素沈着のある歯肉の蒸散

 

色素沈着のある歯肉の蒸散

表面麻酔だけでレーザーを照射する事により、黒ずんだ歯肉をピンク色に回復します。通常、術中、術後の痛みはありません。
(症例は比較のため、半分だけ歯ぐきにレーザーを照射しました。)


3回目

   

 

 

歯肉切除


術前

 

歯肉切除


術直後

 

歯肉切除

 

歯肉切除

麻酔なしでの切除です。術中は多少のチクチク感はありますが、術後は痛みがありません。
黒く炭化してる部分は2~3日で取れます。


7日後